部屋にある本棚        

海辺のカフカ

2013年1月月27日 作家名: 村上春樹

一冊の本に対して、読んだ人の数だけ感じ方があっていいもの。 その自由さが読書の楽しさの1つであると思うのだけど、 この『海辺のカフカ』では、そういう楽しさを味わえたように思う。 いつもよりどこかシンプ…

全文を読む

中国行きのスロウ・ボート

2013年1月月27日 作家名: 村上春樹

1983年に出版された著者初めての短編集の文庫版。 書かれた順序を意識することなく、 気ままにその時々に読みたい本を手にとってきた私。 この短編集の文章の硬さやその濃密な村上さんらしさは、 いま読んで…

全文を読む

パン屋再襲撃

2013年1月月27日 作家名: 村上春樹

真夜中、僕と妻は同時に目を覚まし、突如空腹感に襲われる。 そのふたりの空腹感─理不尽といっていいほどの 圧倒的な─で満たされている『パン屋再襲撃』。 深夜にこの本を読んでいたせいか、 この夫婦の空腹感…

全文を読む

羊をめぐる冒険

2013年1月月26日 作家名: 村上春樹

デビュー作『風の歌を聴け』、『1973年のピンボール』から続く 三部作であるこの作品。 村上さんがジャズ喫茶の経営をやめ、 専業作家になって初めての作品でもあるそうだ。 前2作の鋭利な感性溢れる断片的…

全文を読む

ねじまき鳥クロニクル

2013年1月月26日 作家名: 村上春樹

村上さんの代表的な作品のひとつと言えるこの本。 三部からなる長さもあるのだけど、 なんとなく楽しみを先延ばしにしたい気持ちで今ごろ読み終えた。 物語は、主人公トオルがスパゲティーを茹でている時に鳴る電…

全文を読む
1 / 41234