日だまり椅子         デザイン・お仕事

夏から制作していたサイトがようやくオープンしました。

ところで、決して多くない実績からですが、
私が一番嬉しく感じるのは、完成したときよりも、
時間がたってそのサイトが更新されながら機能しているのを見るときだったりします。
部屋の窓を開け、すみずみまで風を通している家のように。
そういう意味では、ホームページに「完成」はないのかもしれませんね。

暑さのせいか微熱つづき

「熱で頭がぽ~っとしてるから」と言ったら、
「普段とあんまり変わらないよ」と慰められた。
安心していいのかな?

* * * 

思いがけず、新しい分野の仕事のお話がありました。
電化製品の操作パネルのデザインで、
はじめは今自分がしていることとかけ離れて感じたのですが…
立体か平面か、実体か実体ではないか。
ユーザーとユーザーが求めるものを結びつける部分をデザインするというところは、
まるっきりの畑違いでもないかと今では思ったりしてます。

デザインそのものはPhotoShopが使いやすいけれど、その先が問題。
資料の扱いにしかまともに使ったことのないIllustrator10の技術書と印刷の知識も入れるため参考書を購入。

案件自体がどうなるか、また、私のやり方が正しいのかはまだわからないけれど、
この機会に興味を傾けたことや、勉強したことがゼロに戻るわけではないと考えて、
進んでみようと思います。

サンダルで買いに出かけるような

仕事に使うFAXは、枚数がかさんでもメモリの都合でストップしたりしない感熱ロール紙式を使っています。
(送られてきた校正原稿が、一反もめんのように床一面にのびているさまは、ちょっとしたものです。)

そんな消耗品類をうっかり切らしまった時、ひょいと買いに出られないので困っていたのですが、
先日初めてオフィス用品などを扱っているアスクルを利用してみました。
価格についても、午後に注文し、翌日午前中には届いたことにも感激ものでした。

本をたくさん買い込んで

Webレイアウト見本帳公開日になんとか間に合いました。
身体は少々不調気味ですが、一安心といったところ。

レイアウトについて少し頭に入れておきたくて、候補から、『Webレイアウト見本帳』を購入。
このシリーズで『配色アイデア見本帳』を持っていますが、綺麗だしわかりやすいです。

デザインすることは単に見栄えを美しくするだけではなくて、印象を与え、
信頼に結びつくという責任を含んでいること、改めて実感します。
先は遠い。

2番目に好きな季節

ただいまカタログ + 数件 ひたすら製作中です。
100数十枚に及ぶページファイルが、
作業後に更新したら中がすべて真っ白になっていた!
という夢を見てはよく飛び起きます。かなり心臓に悪い夢(涙)

実際はクライアントのファイルサーバーにも、
自分のサーバー領域にもバックアップを毎日毎回とっているわけなので、
なんらかの事故で復元できないような可能性は限りなく少ないのだけど、
デジタル媒体の危うさを実感しているだけに、
作業時間がかさんでいくとさすがに神経質になります。

2番目に好きな月だというのに、何もせずに通りすぎたくないなぁと、
すがすがしく青い空をときおり見上げています。

でも本当は「時間がない」なんて言い訳。
忙しい時ほど時間を上手に使って充実させることができるはず、なんでしょうね。