日だまり椅子         地図にない場所のこと

「ドメインを取得しました」のお知らせ

候補のなかからさんざん迷った挙句、ご覧の通りなんのひねりもないドメインとなりました(笑)
仕事を始めて4年目に入り、営業用サイトの名前をきちんとつけ直す、
その機会に独自ドメインをと思いたったのですが、
私にとってこの『地図にない場所』は、ライフワークの一部である存在で。

だから、どんな名前にしてもこの場所からかけ離れてしまうような、そんな気がしました。
最終的には、たとえば、いつも来てくださってる方がブックマークがない状態でも、
私の名前さえ思い浮かべばたどり着ける。
そんな想いから、シンプルに yuranetとしました。

時間を見つけてはぽつぽつと進めていたお引越し作業も一段落し、
これからリンクを張ってくださっている管理者の方に少しずつお知らせしていこうと思います。
移転のお知らせもこれで最後となりますね。

さて、これから、サブドメインに置く肝心のお仕事サイトを作り直しです(遅い…)

新年あけましておめでとうございます

みなさまどんなお正月を過ごされていますか?
昨年中は、地図にない場所に遊びに来てくださってありがとうございました。

今年で六回目のお正月を迎えます。
変わらずに来てくださっている人、あたらしく出会えた人。
そして、これから出会えるであろう人…
大きな変化はなくても、この場所があり続けていることで得るものの大切さを感じます。

今年も無理をせず、楽しんで。
そして、自分ができることをひとつでも多く見つけられるように、
いろいろチャレンジしていきたいと思っています。

みなさまにとって素敵な一年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨年末はなかなか余裕が持てず、クリスマスバージョンの表紙もできませんでした。
未だ季節外れの装いで失礼しています(泣)

ちょこっとだけ、プロフィールページとPC環境の写真を更新してみました。
どこが変わったか。わかった人は立派なゆら通です(違う違う)

本日お引越し

サーバー上のファイルをこちらに移すにあたって、いろいろ見直していたら、
ずいぶん使っていない画像やリンク間違いがありました。
いらない画像、CGI関連フォルダなど、埋もれていたものを整理したら、
容量がだいぶ軽く。なんだか年末の大掃除のようです。

『地図にない場所』のトップページリニューアルは、そもそも久しぶりですが、
新しいマシンになってからはこれが初めて。
この期間で効率の向上を実感でき、何よりも楽しんで作ることができました。

* * *

三年ほど前、まだ画像処理のことなど何も知らない頃に作ったままのリンクバナー。
今回ちょっぴり遊んで作り変えてみました。
また、Bookmarkのなかにリンクについてのページ「about link」も追加。

リンクといえば、ずいぶんご無沙汰してしまっている管理者の方々。
これからちょっとずつお知らせしていこうと思います。
定期的に見に行っていてもその表明って気後れしちゃうんですよね。

考え方は人それぞれ違うでしょうが、
それでも、検索エンジンでひっかかるリンクとは明らかに違い、
私にとって相互リンクはお友達になるのと近い感覚。そこには「ひと」がいます。

新しく、ではなく

たくましくてやたらに強い男の人がだめなので、シュワちゃんの映画はまず見ない私。
お正月は、主人公に絶対いなくならないでほしい気分だったもので、
『The 6th Day』を観てみました。
クローン技術が浸透した世界を表面的な怖さだけではなく、
シンプルにすごく大切なことを問いかけていたりして面白かったです。
同時に観た『インヴィジブル』。 これは座布団取り上げ…

* * *

私事ではありますが、もうすぐ、車椅子になってからの年月がそれ以前の年月と並びます。
半分こです。

「新しい人生」とか「別の人生」という捉え方もあるようだけど、
私は同じ道をそのまま歩き続けています。
ちょっとぱかり目線が低くなって。そんな感じ…
それは、私自身が怪我を通して、ちっとも成長していない故かもしれませんね。

正直言えば、辛いことや思うようにいかないことは増えてしまったけれど、
あるかもしれない半分の地点にもう一度戻りたい、と心から願ったことはなかったりします。
そこから出会った人も、経験してきたことも、今はもう私にとってかけがえがないからです。

だから、忘れるんじゃなく、やり直すのでもなく、重ねていこう。
今年も『地図にない場所』を通じて、素敵な出会いがあるといいなと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

Free Note開始

たとえば、ベッドの上でも更新できる。そんなページを作ろうと思いたちました。
といっても、更新の強迫観念にかられてでは当然なく、
そのくらいラフに思いついたことを書いてみたくて。
ラフにといったらまずCGIです(笑)

ネットの良いところとして、自由に思いを表現できる楽しさが大きいと思うのですが、
そのリアルタイムな自由さが危険な部分でもあって。
「自由についてくる何がしかの責任」は見失わず、
でももうちょっとしなやかになってみよう。

しばらく中途半端な位置に置いて、中途半端加減をゆらゆら楽しみたいと思います。
読んでいるのはあなただけかもしれません。