日だまり椅子         インテリア・雑貨

家電大好き

「幸せって感情で優しくなれる
 君が僕に隠れるほど寒い日だったとしても」
スキマスイッチの『冬の口笛』のメロディーがすき。
冷たい空気のなかでふと手にするほっこりした幸福感て、こんな音かも。

* * *
少し前の話題だけれど、2005年のグッドデザイン賞で、
プラマイゼロ株式会社の加湿器が選ばれていました。
この製品を見たのはもっと以前なのだけど、
色や艶、ユーモアのあるまあるい形に心惹かれてました。

このプラマイゼロのサイトや製品デザインの方向性がすきで、
今はコーヒーメーカーが現実的にほしい。

上品な質感と余分なものを削ぎ落としたシンプルさ、
奇抜ではないのに見た瞬間心に残るデザイン。

そういえば、無印良品のデザインもすきなので、
どこか通じるところがあるなぁと思っていたら、
同じ深澤直人さんが手がけているようで納得。
(無印では壁掛け式CDプレイヤーのデザインですね)

無印は、たいしたお料理もできないくせにオーブンレンジを持っていますが、
インターフェイス部分に「おお、これは」と惚れ込んで以来、
ずっとお気に入りの家電です。

ロクシタンの練り香水

パッケージがどれも、お洒落で可愛らしい
ロクシタンのコスメ。
最近、ばらの練り香水を愛用しています。
「香り」として作られたばらの香りはちょっと苦手なのだけど、
これは、懐かしい感じのちいさなアルミ缶のふたを開けると、ふわりとした優しい香り。
コロンのようには香りが長く持続しないけれど、
普段使いに、耳たぶや手首にちょん、と塗れるのがなんだかいいのです。
* *
銀色夏生さんの『つれづれノート13』を読んでいたら、
深いところでうなづいてしまった一文があった。
人生をトランプゲームにたとえたところ。

最初に配られたカードが悪くても、その後配られたカードが悪くても、あきらめずにいて勝つこともあるし、どんなにいいカードが来てても負ける人もいる。

その「勝つ」の解釈を、銀色さんがこんな感じに記していたのが良かったのです。

勝つということは、どんなカードがきても受け止められるようになることじゃないか、それを楽しめるようになること。

私は、そういったことでの勝ち負けの言葉がなんだか苦手。
勝負しているつもりもないのに、周りからそんな判断をされるのは、もっと。

もしも、それがあるとするなら、誰かや世間の基準と比べてのことじゃなく、
自分自身のなかにあるものだと思うから。

シュレーダー邸のこと

先週たまたまつけていたテレビの画面に釘付けになってしまった。
世界遺産を紹介する番組で、その夜はリートフェルトの設計したシュレーダー邸。
月並みな言葉だけれど、胸がどきどきしてしまった。

家具デザイナーであり、かつ建築家としても名の知られた
ヘリット・トーマス・リートフェルトが創ったその家は、
レンガ造りの街並みにはどう見ても異質な建物で、
当時(1924年)周りの人たちにちっとも評価されなかったというのも
なんとなくわかる気がするのですが。
(リートフェルトさんには悪いけれど…)

それにしても、直線と3原色で表現された印象的な外観もさることながら、
今でこそ珍しくはない可動式の扉で、ワンルームが4つの部屋に
独立していく様子はちょっとした魔法のよう。

また、折りたためてスペースを有効に使えるテーブル、
開けたときに角の枠が残らない大きな窓、
限られた空間の使い道を膨らます様々な仕掛けなど、
デザインだけが一人歩きしているのじゃなく、
遊び心や住む人のことを考えられていることが伝わってくる。

クライアントであるシュレーダー夫人と
一緒に考え出されたというインテリア。
角のない窓の、あのなんともいえない空間が生み出す開放感は、
現代であっても本当に素敵だと思う。

番組そのものも音楽やナレーションに落ち着きがあるし、
映像も綺麗で、まだ心に焼き付いているようです。

ファブリックパネル『MALAGA』

誕生日にいただいたプレゼントのひとつ。
ずっと欲しかったモナ・ビヨルクのもの!
みどりいろの中でもすきな色合いで、いつも目に入るようにパソコンのそばの壁に飾ってみた。
無機質なお仕事スペースに優しげな色が加わりました。

今年はたくさん更新するぞーと意気込んでいたのに、
なかなか思うようにいかないこの頃。
それでも見に来てくださっている方、
いつもありがとう。