日だまり椅子         日々のこと・思うこと

緑が濃くなってきました


近ごろ、以前にも増してお花がすきです。
私にとっては、究極の贅沢かも。
およそ3カ月ぶりの更新。
少しのあいだ入院していました。

安静にしている間の過ごし方として、
いそいそと(?)たくさんの本とPSPを持ち込んだにもかかわらず、
退院するまでほとんどそんな余裕が持てませんでした。

いつもに比べれば軽いものだったにもかかわらず、
数週間で自分で車椅子へのトランスができなくなり、
たった数メートルが漕げず、途方もなく長く感じた病院の廊下。
何年もかけて日々の生活で培った力やらコツやらが
簡単に衰えてしまう怖さを感じました。

悲観的な意味合いではなく、
この身体である以上健常であるよりはやはり、
これからも受け止めていかなければならないことは覚悟しつつ、
今はほぼ元気に暮らしています。

何気ない暮らしの流れが自然にできなくなったとき、
その同じようなことの繰り返しも、
過ごしてきた中で培われた「今」であることに気づきます。
できなくなって、いつのまにかできるようになっていたことに気づく。
…といったらいいのか。伝わるでしょうか?

たぶん誰にとっても生きることはけっこう大変なのだろうけれど、
生きているあいだは、ちゃんと生きられるといい。(日本語、変?)
いつかもっと先、「まあまあがんばったんじゃない?」なんて
気づけるように生きられているといいと思う。

さて、また前に進みましょう。

あけてました…

毎年、遅ればせながら新年にはご挨拶記事を書いていたのに、
今年は今頃になってしまいました。

地図にない場所では、10回目の新しい年。
作った当初は、こんなにも長い月日続けるとは考えもしませんでした。
お仕事を始めてからは、さすがに更新ペースは落ち、
今となりましては見る影もありませんが…(泣笑)

それでも、私の毎日の傍らで、
自分の作った小さな場所が存在し続けていることは、
ちょっぴり愛しい気持ちになります。

ブログという形式としては外れている気もしますが、
更新するために書くのではなくて、
書きたいときに、伝えたいことがあるときに書く気まぐれペースで、
今年も綴っていきたいと思っています。

更新されていなくても立ち寄ってくださっている方、
時おり、トップページのあひるにようすを伺ってくださっている方
(これは特にいらっしゃらないかも…?)、
今この文章を読んでくださっている方に「ありがとう」。
今年もどうぞよろしくお願いします。

* * * *

今年の抱負のひとつ。
から降りられるようになる。(笑)
車のシートへのトランスファーについては、
右腕を軸にする乗り込む動作は(時々失敗するものの)できるのですが、
左腕からとなる降りる動作ができないのです。
筋力アップとコツと勇気と勢いで、なんとか可能にしたいと思います。

観覧車と冬の空


大好きな場所で、
一足早いクリスマスを過ごしてきました。
お洒落をした人が目立つ静かなレストランでのこと。

ふと周りを見渡すと、年配のご夫婦らしき2人。
車椅子の奥様は手に障害があるのか、
食べづらそうにお箸を使っていました。

和食でもスプーンやフォークはお願いすれば持って来てくれるはず…
もしかしたら軽い素材のものもあるかも…
失礼だとは承知で、なんだか気になっていたら、
ご主人が「手で食べてしまえば」と促しているのが動作でわかりました。
それでも、やはり周りが気になるのか箸をにぎりしめたまま。

突然、ご主人自身が指でつまんで食べだしたのです。
「こうやって」
ちょっと得意そうな笑み。

すると、ずっと不安げな緊張した面持ちだった女性が、
一瞬ほのかな笑顔になって、
それから、一緒にお箸を放して食事をはじめました。
ゆっくりゆっくり。でも今度は確実に。
私にとっては、ほっとするようなあたたかい光景でした。

きらきらしたお洒落な若い人たちも、静かなご夫婦も、
そして私たちも。
テーブルひとつひとつに、ちいさな世界があって。

ただただ、今は。そばにいてくれる人にありがとう。

手紙のような

最近、見るたびに「これ、すき!」と思ってしまうCMがあります。
リフレクトというアパレルブランドなのですが、
見たことありますか?

BGMに軽快にアレンジされた『エーデルワイス』が流れていて、
空と水が溶け合ったような光景が縦にスクロールしていく…

空の中にクラゲがふわふわ浮いていたり、
水の上をちいさな飛行機が横切ったり、赤い風船が飛んでいる。
篠原涼子さんの着ている服のコーディネートも笑顔も
とても可愛いのです。

30代からの女性のためのブランドということですが、
シフォンのスカートを幼くならず、
彼女のように可愛らしく着こなすのは難しそうだけれど、
なんとも見ているだけで気持ちがいいのです。

* * * * * *

更新の間隔があんまりあくと、
「どうしてますか?」と声をかけてくれる人がいるので、
ついおやすみ宣言してしまったら、
逆に心配をかけてしまった方たちがいました。
ごめんなさいとありがとう。

秋仕様(?)の気温にもどうにか身体が追いついて、
今はぼちぼちと暮らしています。
ありがたいことに仕事はあるので、
どんなときも多少の無理をなくしては進んでいけないのですが、
「今日、今、やるべきこと」が支えとなり、
逆に心が折れないでいられる…そんなことを実感した日々でした。

遠いこの先にどうしても光が見えない日は、
とりあえず、今日一日を生きましょう

最近のお気に入りグッズ

無印良品のPET詰替ボトル」。
普段から、いろいろなもので詰替え用パックを利用していましたが、たとえば違うメーカーなどの商品に変えるとき、
結局、またボトルから買ったりしていました。
そのままそのボトルを使い続けるにしても、
商品パッケージのイメージが強いので違和感があったりして。

無印の詰替ボトルは、以前からハンドソープにだけ(写真右)使っていましたが、
シンプルな上、使い勝手も良いので、
600ml用を購入し、シャンプーとコンディショナーにも使うことにしました。

そのおかげで、どのメーカーのものに心変わり(?)しても、
詰替え用から買うようになり、
しっかりとした造りのボトルを捨てることもなくなりました。
(何より、詰替え用パックを買った方がお得だったりするのですよね。)
しかも、見た目もごちゃごちゃした印象になりません。

私は中身を区別するのに、ついクリアとホワイトを選んでしまいましたが、
指で触って識別するラベルを貼ったりする方法もあるので、
残量がひとめでわかるクリア(もしくは半透明の深緑)が、
個人的にはお薦めかもしれません。
その他、食器用洗剤やボディソープにも使えますよね。