日だまり椅子         日々のこと・思うこと

一番抜けているのは私自身だったりして

あちこちから空気が微妙に抜けていく今日この頃…(謎)そのひとつがタイヤです。
チューブを変えるので、この機会に愛車(?)OXのホイールをカーボンスポーク(できれば3本の)にしてしまおうと決意。
今は普通の(自転車のような)スポークなので、手入れする時に、時おり手が挟まったりして。
後は、軽さとファッション性でしょうか。

アップグレードしたら、ここでひっそりと自慢しようと思います。
車椅子自慢というのも(笑)

* * *

アップグレードといえば、GoLive 6.0が出たので入れてみました。
出てから時間がたっているのは、5.0のあまりの不安定ぶりに、
Dreamweaverに鞍替えしちゃおうかと目論んでいたからです。
でも、毎日使う道具の操作感が大きく変わるのは、やはり避けたくて。

使用感の方は、「プレヴューしたら最後、日本語入力できなくなる」という
嘘みたいなバグは当然解消。

サイト構造のマッピング強化はもとより、
小さなことではパレットをタブに片付けられるのも嬉しいかも。

バランスについて

たまたまつけていたテレビのニュースで、池や川を埋め尽くす水草を見ました。
薄紫色の花を咲かせるその水草は、咲いているというより、隙間なく敷き詰めたという感じ。

本来は熱帯の植物で、輸入されたものを誰かが捨て、
それが凄まじい勢いで繁殖したのだろう、ということでした。
絨緞のような淡い色の光景は、一見して綺麗。

しかし、水面下では、魚たちは窒息していき、
枯れた水草はヘドロ化し、水は黒く変色していく。

動物や植物が増えすぎたり、減りすぎたり。
いるはずのないものがそこを彷徨っていたり。
被害の声に根源を探ってみると、そこには人の営みがある。
あるべき場所から何かを動かしたり、変えてしまったり。

はじめは些細に思えることでも、
世界のバランスを少しずつ崩しているのは、
私たちヒトなのだなと改めて思いました。

またひとつ歳をとって

以前このページで書いたコロン『Blue』は手に入らないようなので、重い腰を上げて探索に。
なんで腰が重いかというと、お気に入りの香りを見つけるのはなかなか時間がかかるから。
何十種類ものオーデコロンやトワレのウィンドウの前で、
それぞれのテスターで順番に香りを確かめていきます。

だけど、何個か前のものに感じた「これは良いかも」に遡って比べているうちに、
だんだんと違いがわからなくなるんですよね。
防犯カメラの前で、フリーズしている私は、どう見ても怪しい人(笑)
今お茶をベースにした香りが様々なブランドから出ています。
ちょっといいなと思ったのは、ダージリンのと緑茶ベース。
主張が強い女性的な香りは苦手ですが、これらは少し中性的で気軽につけることができそうです。

ちなみにエリザベス・アーデンから出ている、
その名も『Green Tea』にしました。(写真・右)
香水を女性にプレゼントする男性がいるけれど、
どういうふうに選んでいるんでしょうね。
難しいだろうなぁ。
自分のものでこんなふうだから、時々思います。

プレゼントといえば、なかなかハードカバーを買う勇気がない私。
彼からのプレゼントに添えられた江國香織さんの本『東京タワー』。
さりげなくてとても嬉しかった。

冬だけど

DVDが見られるようになったので、宇多田ヒカルの『BOHEMIAN SUMMER 2000』を観ました。
とても良かったです。
上手さ云々じゃなくて、声に恵まれている人だなぁと改めて思う。
心を惹きつける声というのか。
そして、「歌うことが好き」っていうパワーが伝わってくる。
衣装もキュートですね。

仕事でも趣味でも、自分がしていることに愛情と誇りを持っている人を見るのは、
年齢に関係なく大好き。
たとえ生じゃなくても、クリアな音と映像でライヴを観られるのって、やっぱりいいな。

* * *

今年もあとわずか。心身ともにちょっとばかりダウン気味なので、
お正月といっても穏やかにさりげなく過ごしたい。

今後の予定(というより目標…)としては、レンタルサーバーへの移動を考えていて、
その時に仕事用サイトを含め、自分が楽しめるカタチで、
リニューアルが実現できたらと思っています。

いろいろと、持ちあわせの力の限界はあるかもしれませんが、
あきらめないでセンスを磨いていきたいです。
今を動かなければ、未来に期待する資格なんてないのかもしれないから…。
だから、じたばた、と。

みなさま、どうぞ良い年をお迎えください。

人は足りないものを数えたがる

昔、新聞の投書欄で見かけたフレーズ。
内容は忘れてしまったけれど、けっこう当たっているなぁと思ったので、
そこだけ記憶に残っています。
どういうわけか、ないものの方が見えやすいんですよね。

私は事故で手足に障害を持ってしまったんですが、そのなかでも面白いことに(って面白くはないか)、
腕を押し出す神経がアウトなのに、引き寄せる神経はかろうじて無事なんです。
うーん、人間の身体って複雑。

たとえば、好きな人を抱きしめているとき。
「抱きしめる機能が残っていて本当に良かった」などと思う瞬間、この言葉をふと思い出します。
今は、持っているものが、ほんの少し見えるようになったのかな。