部屋にある本棚

アルジャーノンに花束を/

2013年01月27日

アルジャーノンに花束を子供のころ、キャンディの掴み取りをした時のことを思い出した。
箱の穴に入れたちいさな手のひらに、ありったけのキャンディを掴んで。
箱から取り出そうとしても、結局てのひらの大きさ以上の数を得ることはできず、
にぎりしめた手のはしから、ぽろぽろとこぼれ落ちたキャンディのことを。

パン屋で働く精神停滞のチャーリィ・ゴードン。彼を天才にする実験が行われる。
「頭がよくなればみんなぼくを好きになってくれるから」
IQ180の彼が見た世界、吸収し得た知識という資産と同時に、失ってゆくもの。
この壮大なフィクションのなかで感じたものは、切実な現実感だった。

自分より劣っていると思うものに対しての優越感、傲慢さ。
優れているものに対して持つ畏怖や嫉妬。
そしてそういった感情から見える人間の弱さ、愚かさ、真実。

得ながら失ってゆくさま。失いながら得てゆくさまを、
小尾芙佐さんの見事な日本語訳でありありと感じ取ることができる。
考えたのはこの物語の前と後では、いったいどちらがしあわせなんだろう、ということ。
その答えは私にはわからない。

一方で、知能という、人を判断する目盛りに空しさを覚え、
自分の「すべて」を見ていくチャーリィに言いようのない悲しさを感じた。

捉え方はさまざまなのだろうけれど、それでも、私は最終ページで救われたような気がする。
最後の2行で感じたそれは、私の持つ傲慢さからなのかもしれないけど。

いくつもの言語で様々な国で出版され、今更紹介するまでもないベストセラーです。