部屋にある本棚

グリム、アンデルセンの罪深い姫の物語/

2013年01月27日

グリム、アンデルセンの罪深い姫の物語子供のころ親しんだお伽話。
その現本に本来描かれていた真実を掘り下げていくような本が流行りだしたのは
いつからなのだろう。

グリム、アンデルセン童話には、人間が持つ本能的な嫉妬、憎しみ、
差別などの行為が、愛情と背反した鏡のように寄り添っている。
子供の時に読んだ本は、そんな部分はだいぶカットされていたということを、
現本などを読むことによって知ることになる。

ただ、カットされていてもなお、子供のころに読んだその物語たちは、
私の記憶で「綺麗なお伽話」としては残っていない。
むしろ、世の中の不条理、残酷さの印象が色濃い。

たとえば、私にとって白雪姫は継母に殺害されるかわいそうな存在ではなかった。
小人の言いつけも守らず、ただ自分の欲のままに動き、
あげく継母の企みに何度もひっかかってしまう愚かな白雪姫。

息をふきかえし、王子様との婚礼式に訪れた母を
焼けた靴を履かせて殺してしまうその残虐さ。
描かれているのは、教訓的な「目には目を」の世界。

大人たちが今好んでこのような本を再度手に取るのはいったいなぜなんだろう?
お伽話のなかの現実に親しみを感じるからだろうか。それとも?

この本は、そういった童話の現本を元に、作者自らの文体でパロディ化されたもの。
改めて読むとパロディとなって、むしろ本当が見えてくるような気がしました。
物語のなかの姫たちのエロティックさ、したたかさを感じずにはいられません。

ふたりのイーダ/

2013年01月27日

ふたりのイーダ廃墟となった洋館でゴトリ、ゴトリと歩く椅子。
「ナイ…イナイ…」とつぶやきながら….。

と、これだけだと怪談になってしまうが、
この話は厳しい現実がしっかりと根を張っている。

広島、長崎への原爆投下、戦争が残した様々な傷跡。
児童文学と言われるもののなかでも、ただ好き、というだけでなく、
自分のなかで大切な場所に位置する本だ。

夏休み、母親の仕事の都合でおじいちゃんの家に預けられた直樹と妹の「イーダ」。
戦争を知らない二人が、その椅子に出会うことから全てが始まる。

私も戦争は知らない。
本やメディアや知っている人の話から得る、情報という服を体にまとっていくしか方法はない。
その服を脱いでも傷は何もないのだけど….。

生身の体に傷を受けた、椅子が探していた本当の「イーダ」と、
夏休みに情報の服を着てしまった直樹の、「差」というものを恐ろしく感じてしまった。
同じ時代に生きても、傷のある人とない人の差は消えることはない。
知らない子供たちに、是非読んでもらいたい本だと思う。

くんぺい魔法ばなし/

2013年01月27日

ひとつひとつがとても短い、原稿用紙1枚ずつくらいのちいさな話、詩と絵。
東 君平さんの 言葉はいつもどこか孤独でさみしい。
でもそれを無理矢理明るく、前を向かせるといった類のものではないから、
読んでいて息苦しさを感じさせないほっとする感覚がある。

孤独は時に人を悩ませるものだと思うけれど、それをじっと見つめられるやわらかい強さを持っている文章。
変わってゆくことへのちいさなとまどいを描いた『パイナップル』。
どんなにつらいことがあっても、自分より先に、
ちゃんといきる方法を探している「心」の動き『心理学』などなど。
純粋さっていうのは、大人のなかにあるものの方が光って見えるような気がします。