日だまり椅子

S.キング小説の映像化

久しぶりにスティーブン・キングが原作の映画『グリーンマイル』を見てきた。
6巻まである小説のうち、最終巻を残しての鑑賞。
前評判通り面白かったし、何よりキャスティングが良かったように思う。
トム・ハンクスはもちろん、私は特に、ブルータス役のデヴィッド・モース、
そしてジョン・コーフィ役のマイケル・クラーク・ダンカンが良かった。

ストーリーは、刑務所の死刑囚房が舞台。
死刑囚が電気椅子にたどり着くまでの緑色のリノリウムの通路、
通称<グリーン・マイル>を巡る出来事を描いている。

私は彼の小説が昔から好きで、その作品をしっかり読んでから映画を見ることもあってか、
実はガッカリすることが多い。
「キング小説の映画化でガッカリ」は、彼の小説を好んで読む方の間では、
周知のことなのかもしれないけれど。

私は映画に詳しくはないけれど、個人的に思うことのひとつとして、
「キング=オカルト」の図式への物足りなさ。
確かにストーリーとしては、霊的なことや超能力などのオカルトが大部分を占める。

その物理的な怖さや、追いつめられ支配される恐怖を、
映画という独立した別の作品として見るのも良いかと思う。

でも、私が最も心魅かれる要素、キングの小説に内包される足下が掬われていくような悲しさ、
ごく平凡なアメリカの中流家庭が崩れていくさま、
あたりまえの日常や、大切に思うものを失っていく怖さまで
表現されることはないのが残念だったりする。

それは、小説の描写の克明さも一因しているのだろうか。
本を読んでいる段階で、場所や光景が、あたかもテレビ映像でも見ているように
「そのまま」脳裏に浮かぶ。
登場人物のなかで、ほんの一場面しか出ない人物さえ、
背負う人生の背景をありありと見せる。

キングのその圧倒的な(時に執拗とも思える)文章は、
もしかしたら映像化する必要などないのかもしれないとも思ってしまうのだ。

とはいえ、『スタンド・バイ・ミー』や『ショーシャンクの空に』は大好きな映画。
これらはオカルトではないからかもしれないし、原作が中編だった分想像の余地があり、
むしろ広がりを感じられたからかもしれないけれど。

とにかく、久しぶりに見られたキングの映画『グリーンマイル』は、
かなり端折った部分はあるにしろ、いろんなテーマを持ち、立ち止まらせ、
考えさせられるいい映画になってました。

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply