日だまり椅子

ドザール1杯3g

苦手な季節到来で、体調が低迷気味のこの頃。
鬱熱続きに、心も何やら晴れないので、
ちょっぴり丁寧にお茶を入れてみます。
紅茶の種類によっては、
上手に入れたつもりでも
飲んだ後、わずかに苦味が残ったり、
ひらたい味になってしまったり。

好みもあるでしょうが、美味しいお茶を入れる、
これがなかなか難しい。

どうやら、茶葉が大きいものでも細かいものでも、
分量や抽出時間をあまり気にしないでいたのが原因のよう。
そう、基本的なことを知らないでいたのです。

アールグレイがとてもすきなので、
ルピシアのロブノールというブレンドティを淹れてみました。
ダージリンベースで、アールグレイの分量が少ないものですが、
微かな香り具合が上品で、美味しかったです。

* * *  * * *

深夜に放送されているある音楽番組を見ていたら、
スマップの草彅くんが韓国の歌手に
通訳をはさまずインタヴューしていました。
韓国ブームの少し前から勉強していて、
少し話せることは知っていましたが、
ある程度の会話をこなせるレベルだということに、感心しました。
時々表現が違っていて、相手に教えてもらう場面はありましたが、
なんだか微笑ましい。

付加価値。十分人気があって、だからこそ忙しいと思うのに、
自分自身を充実させる努力を惜しまないのも、
輝くひとつの理由なのかもしれませんね。

This Post Has 4 Comments

  1. guillaumet より:

    すっかりすっかりご無沙汰しています。。。
    アールグレイ、私も好きです。
    ベルガモットの香り♪
    紅茶を淹れる―難しいですよね。
    以前、まだコーヒーよりも紅茶党を名乗っていた頃
    知人のリクエストで淹れたコーヒーの方が美味しいと言われ
    嬉しいような、気持ちショックなような…(笑)
    食通の知人に紅茶の方が難しいものとなぐさめられた事を
    いきなり思い出しました。

  2. ゆら より:

    > guillaumetさん
    わ。お久しぶりですね。
    あれからどうされてるかなぁ、と時々思い出してました。
    ベルガモットのアロマオイルもありますよね。
    guillaumetさんもお持ちかも?
    好みや身体に合うのか、緊張しているときなど、
    ハンドタオルにたらして持ち歩いてます。
    ずいぶん昔、注文した紅茶が、きちんと温められたカップと、
    ティーコージーを着ている(?)ポットでやってきた時、
    いつも飲んでいるものとの味の違いにびっくりしました。
    何グラムの差とかいうより、
    ちゃんと淹れたものって美味しいんですね。
    美味しいコーヒーを淹れるのも難しいですよね。
    ちなみに私は淹れられません(;_;)

  3. guillaumet より:

    ちと今チェックをしてみたら
    無かったです…>ベルガモットのアロマオイル
    無いけど云っちゃうけどでも好き(^^ゞ
    ティーコージーは着ている(!)と思います(笑)

  4. ゆら より:

    > guillaumetさん
    >ティーコージーは着ている(!)と思います(笑)
    良かった(笑)
    かぶってる…包まれている…
    なんて言ったらいいのかなぁと、おもわず悩んでしまいました。
    ほんとは、かぶせている…なのかな?
    お座布団ひいて、冬はぬくぬくあったかそうですよね。
    (ティーマットとも言う、かも(笑))

Leave A Reply